退院準備 進行中
2005年 09月 02日
------
生まれてから、今日で300日!やったね!
------

退院するにあたって、はるひには色々な在宅医療機器がまだまだ必要。

ミルク・おむつはモチロンの事、シリンジ(注入器)やチューブ類諸々、消耗品に掛かる費用はバカにならない。
「for single use」 と書かれている2.5mlのシリンジは、無理に使い回せないのだ。(少しは 回してますヨ)

病院の看護士さん・ソーシャルワーカーさん、東京都の訪問看護士さん、区の保健士さんに色々相談。
結論から言うと、機器類は全て無償になった。アリガタい。

酸素・BiPAPは処方箋扱いで保険対象。吸引器は¥5.000/月レンタルだったのを、“東京都お試し三ヶ月無料”的なものに変更。ただ“spo2モニター”レンタルがどうしても¥15,000/月。

「フ~、キツイね」

そして見つけてもらったのが、簡単に書くと“酸素とモニター、抱き合わせなら無償”と言うもの。
「無償?ラッキー!」と思ったのも束の間、現れたのがコイツ。

e0045265_0464271.jpg
『ど~も~、はじめまして~。
充填式液化酸素ボンベ一体型の在宅酸素で~す。
“抱き合わせ無償”なら、僕が担当で~す。
毎分10リットル出せますよ~。安心でしょ~。
ちょっとデカイけど、よろしくネ~』


直径40cm/高さ100cm/重さ70kg
…。
「キャスター付きで、移動がラクラク」だってさ。



<全ての都道府県、市区町村での「サービス」・「移動がラクラク加減」が同等とは限りません>
[PR]
by o-haru-hi | 2005-09-02 23:42 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)


<< memoとして “ABR”の結果 >>