カテゴリ:・2005 入院中アレコレ( 38 )
退院しました!
2005年 09月 06日
e0045265_139791.jpg
産まれてからピッタリ十ヶ月。とうとう退院できました。
次の目標は“5,000g超え”・“根治術”ダ!

NICU・GCUのスタッフの皆さん(元スタッフの しのサン)、本当にお世話になりました。
皆さんの慈愛があったからこそ、ここまで来れたんだと思っています。

「いままで どーも ありがとう」

そぼ降る雨は、寂しいはるひの涙雨。



“入院中アレコレ”も、ここまで。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-09-06 13:08 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(12)
memoとして
2005年 09月 03日
帝王切開入院中の一週間、バァちゃん(はるひの曾祖母)の告別式の日、そして今日(大掃除)。
それ以外の292日、かーちゃんは毎日 はるひ との面会に通った。
退院まであと三日。モチロン、欠かすことはナイだろう。


「はるひに逢いに行くしか、やる事無いのよぉ」


晩秋から冬、春、夏が過ぎ、最近はまた秋の匂いがしはじめた。

「アリガトウ」だけじゃ、軽い気がする。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-09-03 02:08 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
退院準備 進行中
2005年 09月 02日
------
生まれてから、今日で300日!やったね!
------

退院するにあたって、はるひには色々な在宅医療機器がまだまだ必要。

ミルク・おむつはモチロンの事、シリンジ(注入器)やチューブ類諸々、消耗品に掛かる費用はバカにならない。
「for single use」 と書かれている2.5mlのシリンジは、無理に使い回せないのだ。(少しは 回してますヨ)

病院の看護士さん・ソーシャルワーカーさん、東京都の訪問看護士さん、区の保健士さんに色々相談。
結論から言うと、機器類は全て無償になった。アリガタい。

酸素・BiPAPは処方箋扱いで保険対象。吸引器は¥5.000/月レンタルだったのを、“東京都お試し三ヶ月無料”的なものに変更。ただ“spo2モニター”レンタルがどうしても¥15,000/月。

「フ~、キツイね」

そして見つけてもらったのが、簡単に書くと“酸素とモニター、抱き合わせなら無償”と言うもの。
「無償?ラッキー!」と思ったのも束の間、現れたのがコイツ。

e0045265_0464271.jpg
『ど~も~、はじめまして~。
充填式液化酸素ボンベ一体型の在宅酸素で~す。
“抱き合わせ無償”なら、僕が担当で~す。
毎分10リットル出せますよ~。安心でしょ~。
ちょっとデカイけど、よろしくネ~』


直径40cm/高さ100cm/重さ70kg
…。
「キャスター付きで、移動がラクラク」だってさ。



<全ての都道府県、市区町村での「サービス」・「移動がラクラク加減」が同等とは限りません>
[PR]
by o-haru-hi | 2005-09-02 23:42 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
“ABR”の結果
2005年 08月 26日
“ABR(脳波聴力検査)”の結果は、
「両側末梢性伝導障害の疑いがある。全く反応が無いわけじゃないので、外耳の形成に問題があるのかもしれない。今後は耳鼻科の先生とも相談しながら、様子をみましょう」

なるほど。音に対する反応がイマイチだとは思っていた。
まぁ、“乳児でABR検査結果が改善する例もある”らしいし、基本的に はるひ は未熟なチビッコなので、“ゆっくり成長するのを待ちますヨ”くらいのスタンスでいいかな。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-08-26 01:43 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(2)
退院決定!
2005年 08月 25日
e0045265_2365110.jpg
「外泊後も特に問題はないですね。順調ですよ。お父さん・お母さんもしっかりしてますし、次の目標までは、お家で様子をみましょうか」

ヨッ!待ってました!

長かったような、あっという間だったような。
ちょっと不安でもあるし、なぜか寂しくもある。
複雑。
いずれにしても、次のステップに進むのだ。

「ぴったり十ヶ月の、九月六日でお願いします」

とうとう、はるひが帰って来る。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-08-25 02:19 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
BiPAP(バイパップ)その後
2005年 08月 20日
外泊時にも、持ち帰り使用。酸素飽和度73%で下限アラームが鳴ると、マスクを装着。本人、“送風音”やら“着け心地”なんかはまだ解っていないようで、特にイヤがる事もない。
結果的には、
・酸素を流す事が無くなった
・睡眠時の呼吸、spo2の数値が安定し、身体への負担やストレスが減った(と思う)
・親もちゃんと眠れるようになった
おまけに、気道を確保する事に慣れたのか、着用する時間が短くなってきているという。スゴイね。
ただ、鼻マスクがゴツいからなぁ…。

e0045265_291890.jpg
ほらネ。
でもスヤスヤ。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-08-20 00:25 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
一週間外泊にチャレンジ
2005年 08月 11日
これが“卒業試験”になるのか、今回は一週間のロングコース。17日AMまで。
無事に過ごせたら、退院かもヨ。うひひ。

e0045265_23581735.jpg
温泉マークのオレンジタオル、おシャレだねぇ。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-08-11 23:53 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
予防接種
2005年 08月 02日
e0045265_0343044.jpg
一発目は“BCG”。
チックン、イテテ…。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-08-02 00:35 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
4,000g超
2005年 07月 29日
e0045265_2160100.jpg
今日の体重、4,036g!とうとう4kgを超えた!
ミルクも80ml×6に増量。
いいペースですよ~。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-07-29 02:15 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)
BiPAP(バイパップ)登場
2005年 07月 27日
e0045265_23542078.jpg脳波の検査で元凶は見当たらず、“無呼吸発作”ではない事に。
ホッ。とりあえずヨカッタ。
結局、眠ってる時のspo2のフラつきは“舌根沈下による睡眠時無呼吸”と判断。大人でもよくある症状で、以前ニュース等で話題にもなった“睡眠時無呼吸症候群”と同じ。
入眠すると舌根の筋肉が緩む→最初はイビキ→しばらくすると完全に気道を塞ぎ、窒息状態に。普通なら苦しくて、無意識に(寝相を変えるなりして)気道を確保するところ、はるひには出来ませ~ん。モニターのアラームが“ピーピー”鳴って、軽いチアノーゼ。
そして突然現れたのがこの“BiPAP(バイパップ)”、鼻マスク間欠陽圧人工呼吸器。
鼻にマスクをあてがい一定の空気を送り込み、吸気時二回に一回のペースで圧をかけ気道を確保するというマシーン。完全密閉はされていないので、「呼吸をさせられている」というイメージではなく、「呼吸のお手伝い」くらいの印象かな。でも、装着時の見た目は重々しいヨ。

e0045265_13798.jpg
ほらネ。
でもスヤスヤ。
[PR]
by o-haru-hi | 2005-07-27 23:49 | ・2005 入院中アレコレ | Comments(0)