カテゴリ:・2004 誕生後ドタバタ( 9 )
染色体専門医からの説明
2004年 12月 02日
イイ先生でよかった。
もっと辛辣な話をされると思ってた。

“親がしっかりと受止める事”
再度確認。



“誕生後ドタバタ”も、ここまで。






  
[PR]
by o-haru-hi | 2004-12-02 15:14 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
コットに移動
2004年 11月 29日
e0045265_1303822.jpg
「自分で体温調節が上手に出来るようになりました」

箱から脱出。“抱っこ”が容易。
やったネ!
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-29 20:27 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
染色体検査の結果
2004年 11月 25日
主治医「18トリソミーのようです(神妙な顔)
とーちゃん「??? はい? はい。ワカリマシタ。???」「十八?鶏?SONY?」
… 。全く解ってない。

家に帰って、ネットで検索。
すると…

“予後絶対不良で、50%が1ヶ月以内に死亡、1歳に達するのは10%”

…???マジ???
頭の中、真っ白け。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-25 15:16 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
低体重の底
2004年 11月 19日
e0045265_1504344.jpg
羊水にとっぷり浸かってたベイビーは、誕生後浮腫みが取れて体重は減少するもの。
今日の体重 1,684g。誕生時1,902gからマイナス218gで下げ止まり。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-19 21:22 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
かーちゃん 退院前日 仮退院
2004年 11月 13日
帝王切開から一週間。
フラつく かーちゃんを支えながら、はるひのトコへ。

ん~、やっと三人揃ったネ。

e0045265_135591.jpg
産科HYS医院は、完全個室。
三食美味いし、オマケに写真の“退院御膳”付きだ!
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-13 14:30 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
秘密の終わり
2004年 11月 11日
「いわゆる動脈管開存です。処置としては、インドメタシンを投与して血管を~」  <以下省略>
「最悪、脳の血管にも影響が~」  <以下省略>

産まれた次の日に主治医に言われた。
帝王切開、麻酔も覚めやらない かーちゃん に言える訳がない。

4日間、一人でモンモン。

今日、自然に閉じたらしい。

かーちゃんに報告。秘密の終わり。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-11 20:11 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
出生届
2004年 11月 10日
区役所に出生届を提出。
世帯主との続柄“長女”だってさ。カッコイイねぇ。
同時に“健康保険証”・“児童手当”・“マル乳”の手続き。

かーちゃん→はるひ→かーちゃん、面会ハシゴは続く。
とーちゃん、頑張ってます。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-10 11:52 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
初乳
2004年 11月 09日
「20ccでた!<絵文字 牛マーク>」とのメール。
でかした!かーちゃん!
その後の30cc合わせて50ccを、はるひに届ける。

初乳の力は、何物にも変え難いらしい。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-09 20:43 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)
誕生次日
2004年 11月 07日
かーちゃん、麻酔でボーっとしてて、意味不明のメールが届く。

とーちゃん、仕事そっちのけ。
午前かーちゃん、午後はるひ。面会ハシゴ。
おまけに“はるひ報告”の為に産院へ戻る。
しばらく、その繰り返し。
[PR]
by o-haru-hi | 2004-11-07 20:35 | ・2004 誕生後ドタバタ | Comments(0)