カテゴリ:・2006( 35 )
万事無難de締め!!
2006年 12月 29日
 去年の今頃は根治術退院直後、新年を三人で迎えられる嬉しさで、ズイブン舞い上がっていた。2005年の激動を、親子三人でしっかと受止めたと言う充実感をも感じていた。
 そして、「もう入院はイヤよ」がkeywordの2006年。ディフェンス重視ながら、可能な限り外に出てみたりして。コミュニケートの幅が拡がり、たくさんのお友達に逢えた。嬉しかったし嬉しいし、ありがたかったしありがたい。

e0045265_1333557.jpg

この時期の外出時は、
いつも“マスク”着用で~す。
 全て、はるひが元気じゃなかったら出来なかった事。我家の“元気チャン勲章”は、はるひにあげよう。“殊勲賞”はかーちゃんに、“努力賞”は僕がいただくよ。
 「いくつ眠るとお正月?」と聞かれると、あと三つ。棒のような一年は、時間の流れとして老いにも若きにも一様に容赦ない。年末は、/<スラッシュ>をくっ付けるイイ機会で、“無難こそ良し”と頷いちゃおうと思う。それ以外に、なにがあると言うのか。


(次年につなげる為、年末の挨拶は端折り)
[PR]
by o-haru-hi | 2006-12-29 22:31 | ・2006 | Comments(23)
座位保持椅子
2006年 12月 14日
 七月(八月だったかな?)に発注した“座位保持椅子”がやっと完成・納品となった。

e0045265_0344425.jpg




ジャーン!!
オレンジの張地がイイねぇ。
 “座位保持椅子”を使うことによってどんな効果があるの?むぅ…、大事なトコを理解してませんでした…。んで調べてみると、宮城県拓桃医療療育センターのHP中、【補装具のページ】に分かり易い記述を発見。それを勝手にサクサクまとめちゃうと…。

・低緊張下の体幹筋が姿勢保持に必要な筋緊張を得られやすくなる→平衡反応が現われやすくなる
・体幹の安定によって上肢動作の機能改善および目と手の協調性の発達が期待される
・頭部の姿勢が改善されれば、口腔機能や嚥下機能の改善にもつながる
・良好な姿勢に保持されていれば、比較的前方を見ることができ、視線の交わり合いでも対社会との交流が期待され、顔の表情や目の輝きが変化することが経験されている

 なるほどなるほど。特に最後の「目の輝きが変化することが経験されている」っていうのがスバラシイね。

e0045265_0345792.jpg
 当然、“魔法の椅子”ではないので、座ったらスグ“☆目がキラキラ☆”になる訳じゃない。リハビリテーションの一環であり長い時間をかけないと効果は現れない事、そこらへんを熟慮しての使用を心掛けなくてはいけませんゾ。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-12-14 22:31 | ・2006 | Comments(23)
第四回 18トリソミーの会 一般公開セミナー
2006年 11月 19日
 タイトル通りの“一般公開セミナー”に参加してきた。<第四回 18トリソミーの会 一般公開セミナー ご案内>

 昨年の第三回にも参加したけど、はるひ入院中だった為、一部終了後退席。喉越しは、はるひの事の方が気になっちゃって、“アッサリ”とした印象だった。お話が耳に入ってなかったんだね。

 『明日できる事は、今日しない』がとーちゃんの座右の銘。木曜の深酒が金曜にヒビキ、仕事は土曜に賭けたけど全くヤル気ナシ。んで、「日曜があるじゃないか!かーちゃん!セミナーは、はるひと二人で行っといで~!」だったんだけど、あまりの悪天予報に「こりゃ~車で行かないとイカンぞ~」っとなっちゃって、結局親子三人full参加の容となった。仕事の締切りは火曜AM、まだ月曜(明日)がある…。

 セミナーの詳細はドバっと端折るけど、pointとしては二部始めの“古庄先生”からの報告が興味深かった。「本年(2006)、18トリソミーをめぐる研究として特筆すべきは、American Journal of Medical Genetics という遺伝学で最もよく読まれる医学雑誌に特集号が組まれたことです」それをドバっと要約すると、「近年とられた統計によると、既知とされている事象から差異が生じているのではないか」という事らしい。その詳細は、古庄先生に確認をとってからココに全文掲載するつもり。

 フリーディスカッションを含め、予定時間を上回ってしまうほどの盛況をみせつつ、今回は閉館時間17:00ギリギリで終了。充実した時間を過ごした気がした。我の、18tの会と今回の参加者の皆さんに対する無力さも痛感した。

 最後はミユタン一家四人とお茶。とーちゃん初見は全ダメで、はるひと二人遊び。愛想が無くて、ゴメンのゴメンのゴメンナサイ。

 そして、「はるひチャンのblog、見てますよ~」って言ってくれたパパ・ママに感謝。下段 "Comments”をクリック、非公開コメントにチェックを入れれば公開される事はありませんし、是非、足跡を残しちゃってください。よろしくお願いします。

e0045265_423771.jpg



雨中ドライブ、疲れてグッスリzzz...。
おやすみなさい。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-11-19 23:47 | ・2006 | Comments(23)
はるひのは #3
2006年 11月 17日
 “はるひのは”から半年。いまや、口の中には歯がイッパイ。一通り加療が済んだかーちゃんと同じ歯医者サンにて、初めての受診。歯の現状態と、今まで自己流でやってきた歯磨きをチェック。

e0045265_2222628.jpg

 歯の現状態は特に問題ナシ。ただ、下顎の両B歯が先天性の欠損と診断された。歯磨きも「あら、上手ですね」と言われちゃうほど問題ナシ。



←画像をクリック!

 ほれ~、はるひ~、みんなに歯を見せてあげようよ~。

e0045265_2213835.jpg


「うんにゃあぁ~!」
<画像ブレ>
 おいぃ~、ジッとしてないと可愛い写真が撮れないぞ~。

e0045265_2212743.jpg


「うんにゃぁ、うんにゃうぅ~!」
<画像ブレ>
 こらこらー!はるひー!動くなヨー!

e0045265_2215078.jpg






「ふひぃぃぃ~!」
 とーちゃん譲りの、ヘンな顔。
 そんなこんなで、歯がイッパイ。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-11-17 22:20 | ・2006 | Comments(8)
二歳、誕生日いただき!
2006年 11月 06日
 RSウイルス感染退院から始まったはるひの一歳は、思いもよらないくらいの充実ブリを見せてくれた。早々に悩ましのVSD(心室中隔欠損症)を術により根治させつつ、少し冬眠。zzz…。春の芽生えと供にスパスパと予防接種を受けて、外出時安心の備えを重視。予防接種は一般の当り前な事柄だけど、少し気を使わざるを得なかった。呼吸器的な原始反応がやや追いついてきたようで、睡眠時苦しければ自分で体勢を変えられるようになった。つまり、spo2モニター・Bipap・在宅酸素は基本的に今は使っていないという事。つまりつまり、親の“身”として、ズイブン楽になったという事。そして、タイミングよろしく“発達センター”に通えるようになり、スピード感は判らないけど、反応の良化は素直に感じられる。冒険の手前の実<じつ>がシッカリしてきた。そんな感じ。

 そして…。

e0045265_2593559.jpg



「プレゼントが
いっぱい
いっぱい
いっぱい
なーのだ!
あんがとー!」

<お名前・敬称、略々でスミマセン…>

 当然のなによりは、はるひにお友達がたくさん出来た事なのだだだ!嬉しいー!

 この稚拙なweblogを通して、日本国(japan)アチコチのお友達(パパ・ママ)と知り合えた事。そして、web上の簡単な絵空事ではなく、実際に会って話せる機会を持てた事。

 それは、はるひが元気チャンだからこそなのデス。嬉しいー!嬉しいー!ありがとー!
[PR]
by o-haru-hi | 2006-11-06 15:02 | ・2006 | Comments(26)
'06 autumn collection
2006年 10月 31日
e0045265_0173220.jpg


オフ白のロンTに、赤いラインがアクセントのベージュの暖かベスト。パッチワーク調のスカートで“カントリー・カジュアル”を意識させ、決め手は耳あて付きのニット帽。シックな色合いで全体をまとめつつ、お指しゃぶりで“あたち、まだまだお子ちゃまなの”を演出。

はるひサン、'06秋のmode。
座布団のヨダレ滲みはご愛嬌。
 女チビが女親の着せ替え人形になっちゃうのは、世の定石。多聞にもれず、かーちゃん今年はハッスル!去年の今頃は根治術前だったし、RSウイルス感染で入院してたからな。

「やっぱり夏の薄着より、秋の重ね着だわねー!オホホホー!コラー、はるひー!待てー!」

 嫌がるはるひを追い掛け回してマス。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-10-31 22:12 | ・2006 | Comments(20)
ただいま~!!
2006年 10月 19日
 “晴れ女”はるひサンのおかげで、五日間雨知らずの好天。四泊五日の旅を、“アッ”というまに駆け抜けて、事無く戻ってまいりました。おつかれサ~ン。

 “じぃ”にはイッパイ抱っこしてもらったし、“ばぁ”にはイッパイ『いない いない ばぁ』をしてもらった。そして、たくさんの近親に会えた。チト正式な名称を調べてみると、はるひから見て “祖父(そふ)” “祖母(そぼ)” “伯父(おじ)” “伯母(おば)” “従兄(いとこ)” “従妹(いとこ)” “大叔母(おおおば)” “従妹違い(いとこちがい)” “はとこ(はとこ)” ” に会えた事になる。おぉ~、並べてみると、なんだかスゴイな。小文字のトコロを口の開きを意識しながらテンポ良く二回続けて読むとホッペタのいい体操になりそうな位、スゴイな。

 朝起きると「ビールでイイかい?」が帰省した時の朝の挨拶。眠い目をコスリながらの返事はモチロン「ビールでイイです」。絶え間なく出てくる旨いモンは、“生牡蠣”から始まり“毛ガニ”につづき………。詳細はかーちゃんに託そう。尿酸値は、間違いなく上がっているハズで、ある意味、大成功といったところだな。

 
e0045265_2175258.jpg


じぃ:「はるひ~、“ばぁ”はネェ、自分が好きじゃないモンは、あんましヤってくんないんだョ~」

 生牡蠣の殻裂きは“じぃ”担当。30コ裂いて、余ったら“ばぁ”用の牡蠣フライになっちゃいます。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-10-19 22:17 | ・2006 | Comments(23)
帰省
2006年 10月 12日
e0045265_241247.jpg





「とーちゃんの実家、札幌に行ってきやーす!」

 “ばぁ”はチョコチョコ上京してくれてるけど、“じぃ”に会うのは一年半ブリ。イトコの“弓ねーちゃん”に会うのも一年ブリブリ。そして、他の近親に会うのは、ほぼ二歳にして「はじめまーして!」なのだ。
 当然の本線はそちらなんだけど、裏では“父母、痛風一直線計画”を企んでいる。とにかく、北海道ならではの旨いモノを食べたいのだ。毛ガニ・ボタンエビ・ホタテ・カキ・イクラ・ウニ・シシャモ・シャケ・ホッケ・ジンギスカン!クゥ~、たまらん!こうなったら、全部ノッけちゃった丼にして、sapporo“クラシック生”ビールを一気飲みだい!

父 「旨いモノを、旨い時期に、旨いトコで食って、何が悪いぃ!他言は無用じゃー!行くぞぉー!」
母・はるひ 「はいヨー!!」


<ってなことで、しばらくネット可環境下にありません。詳細は後日。>
[PR]
by o-haru-hi | 2006-10-12 02:02 | ・2006 | Comments(16)
こども発達センター “ボール・プール・リベンジ”の巻
2006年 09月 21日
e0045265_2432.jpg


「今日はナニするの~?」

今日はねぇ、またまたボール・プールにチャレンジですヨー。

「エ~?、“ボール・プール”ってなんだっけかな~?」

 前回の“ボール・プール”は、終始メソメソ。でもでも今回は違いますゾ。お湯に見立てたボールに浸かり、もはや“ボール・プール”ではなく、“ボール・お風呂”を堪能中。初見はダメでも、二度目は平気。人見知り→その後の順応性のよさは、とーちゃん譲り。善し悪しは別。飲み屋は半地下。

<くだりは無意味。語呂がイイだけ>
[PR]
by o-haru-hi | 2006-09-21 22:02 | ・2006 | Comments(22)
ビフォーアフター
2006年 09月 12日
e0045265_117556.jpg
2005.06.14 (0歳七ヶ月)
身長 56.2cm
体重 3,550g
e0045265_1172812.jpg
2006.09.12 (一歳十ヶ月)
身長 74.4cm
体重 7,700g
 身長18cm増、体重4,150g増。対比が効くように、あえて同じ肌着を着させてのショット。改めてデカくなった事を、画像にて確認した。“ドラミちゃんvsジャイ子”、そんなトコロか。
[PR]
by o-haru-hi | 2006-09-12 22:00 | ・2006 | Comments(26)