信濃毎日新聞(2013/7/20)より
2013年 07月 20日
染色体異常症「18トリソミー」 治療で確実に心身発達

※スマートフォンは有料みたい…。PCからは無料。


以下引用---

「短命で成長発達が乏しいなどとして積極的に治療しない医療機関も少なくない先天性の染色体異常症「18トリソミー」について、集中治療や手術をすれば寿命は長くなり心身ともに確実に発達することが19日、信州大病院(松本市)の古庄知己(こしょうともき)・遺伝子診療部准教授(44)らが患者家族会と行った共同調査の結果で分かった。」

---引用以上



 「18トリソミー」という言葉、「新出生前診断」の件でチラホラ見かけるけど、こういう形で(古庄先生が論文をまとめ米医学誌に発表したという記事)新聞に掲載されるのは珍しいし、なんだか嬉しいね。広く浸透してくれる事を願う。



 おまけ記事→ "18トリソミーをめぐる研究動向 2006"  はるひ、二歳チョイ。




  
[PR]
by o-haru-hi | 2013-07-20 17:27 | ・2013 (九歳)


<< 夏の思い出 2013#1 リハビリテーション >>